太陽光発電の設置にかかる価格っていくら?

自然エネルギーの導入は国で進められていますが、国民一人一人が自分で発電していくという意識を持つことも必要です。
実際に自家発電できる装置だと太陽光発電がありますし、いずれは自分の家で使う電力は自分で発電する、これが主流になってくるかもしれませんね。
太陽光発電の仕組みを簡単に説明すると、自宅の屋根の上にソーラーパネル(太陽電池モジュール)を設置して、そこへ太陽の光を集めて発電するようになっています。
ということは、自宅で太陽光発電をするためには太陽光発電システムを取り付けなくてはいけないという事になるんですが、問題はどの程度の設置費用がかかるのかという点です。
太陽光発電システムの設置にかかる費用の内訳は、「太陽光発電システム一式」と「電気・設置工事費等」になってきます。
ただ、この金額は一概に出せるものではありません。
例えば太陽光発電システム一式といっても、システムのメーカー、モジュールの設置枚数などでも価格は変わってきますし、その他に住宅の構造、屋根の向きや面積、屋根材の種類、施工業者ごとの工事費用によって金額が異なってきます。
ただ、相場は一概に言えないものの条件に応じて180万円~300万円程度の費用がかかってくるとされています。
大よその金額を見ても安くはありませんが、国や自治体から補助金が出る制度があります。
それを活用すればいくらかはお得に導入することができるでしょう。
補助される金額ですが、国からの補助は1kw当たりのシステム価格に応じて一律の補助金額ですが、自治体からの補助は各自治体によって金額が異なります。
また、補助金の予算には限りがありますので、予算切れする前に申請して補助してもらうことが大切です。
総括してみると、太陽光発電システムの導入にかかる費用は「太陽光発電システム一式」+「電気・設置工事費」-「補助金」=「設置費用」となります。
いずれにしても、まずは見積りを出してもらってみるのがいいでしょう。