福島原発事故以来、日本人の電力に対する意識が変わってきているそうです。
実際に私自身、これまで以上に節電について真剣に考えるようになってきたのです。
節電を真剣に考えれば考えるほど、ただ単に使う電力を節約するだけでは足りないのではないか?と思うようになりました。
そして、もっと突き詰めていったところ、太陽光発電を導入したいと思うようになりました。
太陽光発電は、CO2を発生させずに電力を発電できる究極のエコエネルギーです。
太陽光の恵みをそのまま電力に変換することができるというのは、夢のようなエネルギーだと思ったからです。
もし、日本人のすべての一戸建てが太陽光発電を導入することができたら、原子力発電に依存せずに十分電力を供給できるのではないか?と私は思っています。
そのためには、微力ながらまずは我が家から始めてみたいなと真剣に考えているのです。
早速、太陽光発電の業者に連絡をし、今は見積もりを得るための準備をスタートしました。