太陽光発電を設置してみてよくなったことはいろいろあります。
まずは電気料金がきにならなくなったことがあげられるかもしれません。
むしろ電気を売るようなこともできるのですから、これはかなりのメリットといえます。
もっとも今の自分の家の電気の使い方ですと売れるほどの電気がたまったことはないのですが、それでも電気料金が安くなったということは実感としてあります。
今後は電気料金の値上げもありそうですから、電気料金が安くてすむのはありがたいことです。
また、太陽光発電を設置したことで電気の使い方というものにも注意をするようになったこともメリットといえるかもしれません。
太陽光発電装置をつけるまえは電気というものについて使い方をどうしようといったようなことを考えたことはありませんでしたから、この違いはおおきいでしょう。
そして太陽光発電は非常用の電源としても役立つと考えています。
地震などはいつおこるのかわからないわけですし、そのような時に太陽光発電装置があることで最低限の電気を得ることができます。
まわりの家が電気がつかなくても自分の家は電気をつけることもできますし、万一のときの備えとしての役割もはたしてくれているわけです。
自分の家の場合は仕事でも電気を使っていたりしますので、そのような非常用の電源が常に必要でもありましたから、太陽光発電の設置の意味は大きいといえます。
もっと多くの家庭が設置をしてもいいのではないかとも思います。