東日本大震災を経験して全国的に家庭用の太陽光発電のシステムを設置する方が増加しておりますが、
太陽光発電のシステムを家庭に設置する場合車1台分とも言われる費用がかかるので、
お住まいの地域できちんと発電できるのか心配になっている方もきっといるのではないでしょうか。
特に北海道や東北地方にお住まいの方は家庭用の太陽光発電のシステムには興味があるものの、
北海道や東北地方の多くの地域では冬場は天候が荒れて雪に覆われる期間が長いので、
いざ設置するとなると躊躇される方もおられるかもしれません。
そしてこういった地域では家庭用の太陽光発電のシステムを設置しても効率的に発電出来ないと思い込んでいるのではないでしょうか。
確かに太陽光発電を有効に活用するためには、ある程度の日照時間が必要になります。北海道や東北地方などの雪国は、温暖な地域と比較すると日照時間も短く、太陽光発電を導入しても成果が上がらないように思えます。
しかし、効率よく太陽光発電を稼働させるための条件は、実は日照時間だけではありません。気温も大切なのです。
意外に思われるかもしれませんが、ソーラーパネルは実は高い温度に弱く、低い温度の方が効率よく発電をしてくれるのです。
ですので、年間を通して考えると、気候の安定する春季から秋季にかけては北海道や東北地方は関東など他の地域と同等以上の発電量が期待できるという訳です。
北海道や東北地方にお住まいの方が太陽光発電を導入するメリットは、意外にも大きいことがおわかりいただけましたでしょうか。