太陽の光で発電する方法

電力を確保するためのエネルギー源に“太陽の光”を用いた発電方法があります。
それが、ここ数年で注目されている太陽光発電と呼ばれるものです。
太陽光発電が注目されている理由にあるのが、環境に優しいということ、そして家庭で発電することができる発電システムであるということでしょう。
では、具体的に、どのようにして太陽の光で発電するのでしょうか?
ウィキペディアにはこうあります。
「太陽電池を用いて太陽光を電力に直接的に変換される発電のシステムである」一般住宅の屋根の上に、何枚ものパネルが並べて設置されているのを見たことがあると思います。
これが太陽光発電の発電装置であり、ソーラーパネルもしくはソーラーシステムとも呼ばれているものです。
ソーラーパネルの基盤となっているのが「太陽電池」です。
太陽電池1枚は手の平のサイズくらいなのですが、太陽電池を縦横に数枚繋ぎ合わせることでパネル化したものを「太陽電池モジュール」と呼びます。
一般住宅の屋根の上に取り付けているソーラーパネルは、正式には太陽電池モジュールと呼びます。
モジュール1枚だけでは大した発電力は得られないので、発電量をあげるために何枚かモジュールを並列して屋根の上に設置しています。
発電の仕組みとしては、太陽電池が太陽の光を集めて吸収し、発電する仕組みになっています。
ただし、ここで発電した電力は直流なので、家庭の電力源としてはまだ使えません。
そこで、発電した直流電気をパワーコンディショナーに送り、ここで家庭内で消費できる交流に変換します。
変換した電力は分電盤に送られ、そこから各部屋へ分配して電気を消費していきます。
屋根の上にソーラーパネルを取り付ける理由は照射条件がいいためです。
実際に住宅の場合は、屋根の上が一番太陽の光を集めやすく、設置面積としても最適なのですが、仮に敷地内に照射できる場所や設置できるくらいの広い場所があるのなら、設置場所を屋根の上に限定することもありません。